伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

コウホネ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 コウホネ
分類 植物
スイレン科
学名 Nuphar japonicum
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 水生の多年生草本。浅い池や沼に自生する。根茎は白くで肥大しており、やや横に這い、多数の葉をつける。葉は水中葉と水上葉がある。いずれも長い葉柄とスイレンの葉の形に近いが、やや細長い葉身をつける。水中葉は薄くてやや透明で、ひらひらしている。冬季には水中葉のみを残す。暖かくなるにつれ、次第に水面に浮く葉をつけ、あるいは一気に水面から抽出して葉をつける。水上葉はやや厚くて深緑、表面につやがある。花期は6月から9月ごろで、長い花茎の先端に1つだけ黄色い花を咲かせる。
日本、朝鮮半島に分布する。浅い池によく見かけるが、流れの緩い小川に出現することもある。根茎が骨のように見え、コウホネ(河骨、川骨)の名の由来となっている。
庭園の池で観賞用に栽培されることもある。沈水葉をアクアリウムで鑑賞する例もある。

ページの先頭へ