伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ドジョウ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ドジョウ
分類 魚類
ドジョウ科
学名 Misgurnus anguillicaudatus
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 10?15 cm
えさ 雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食する。
説明 体は細長い円筒形で、全長は10?15 cm。口ひげは上顎に3対下顎2対で合計10本ある。このひげには味蕾(みらい)があり、食物を探すのに使われる。えらで呼吸するほか、水中の酸素が不足すると、水面まで上がってきて空気を吸い、腸で空気呼吸も行う。体色は茶褐色で、背部に不明瞭な斑紋を持つものがほとんどだが、まれに「ヒドジョウ(緋泥鰌)」と呼ばれるオレンジ一色の白変種もあり、人口繁殖されたものなどが、観賞魚として商業流通する。
個体差はあるが、危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜る事があり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返される事がある。体表面のぬめりが強く、水が汚れやすい。

ページの先頭へ