伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ホザキノフサモ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ホザキノフサモ
分類 植物
アリノトウグサ科
学名 Myriophyllum spicatum
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 アリノトウグサ科の多年生水生植物である。浅瀬や湿地帯に自生する。水上に暮らすものもあるが、水中葉を展開し、水中に自生するものもある。水田雑草であるが、観賞用に栽培されるものもある。金魚藻と呼ばれる水草の代表的なものの一つ。
- フサモによく似た種であり、キンギョモとも呼ばれる。日本を始め世界各地に分布する。フサモとは花の違いで種の判別を行う。北米においては外来種として防除の対象である。強いアレロパシーを持つといわれている。量を調整するのにツトガ科 CrambidaeのAcentria ephemerellaの幼虫が使われる。

ページの先頭へ