伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

メダカ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 メダカ
分類 魚類
メダカ科
学名 ミナミメダカ O. latipesキタノメダカ O. sakaizumii
別名 ニホンメダカ
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 3.5cm
えさ 動物プランクトンなどを食べる。
説明 体長3.5cmほどの小型の魚。側線はない。背びれはかなり後ろにあり、腹びれの前端より後ろとなる。腹びれは前後に長い。オスの背びれの膜には欠ける部分があるが、メスには無い。胸びれと腹びれはメスの方が大きいが、背びれと尻びれはメスのほうが大きい。
ミナミメダカに比べ、キタノメダカでは体側後半に黒色の網目模様があり、オスの背びれの欠けが浅く軟条の長さの半分以下とされている。
お役立ちメモ 目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっている。

ページの先頭へ