伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ハス

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ハス
分類 植物
ハス科
学名 Nelumbo nucifera
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
原産国 インド
花の咲く季節 7月、8月
花言葉 雄弁
説明 地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出す。草高は約1m、茎に通気のための穴が通っている。水面よりも高く出る葉もある(スイレンにはない)。葉は円形で葉柄が中央につき、撥水性があって水玉ができる(ロータス効果)。
花期は7~8月で白またはピンク色の花を咲かせる。早朝に咲き昼には閉じる。
園芸品種も、小型のチャワンバス(茶碗で育てられるほど小型の意味)のほか、花色の異なるものなど多数ある。
なお、果実の皮はとても厚く、土の中で発芽能力を長い間保持することができる。

ページの先頭へ