伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ホシハジロ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団、秋葉徹氏、篠原善彦氏、三島直温氏、及川俊弘氏

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ホシハジロ
分類 鳥類
カモ科
学名 Aythya ferina
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 42-49cm
体重 0.5-1.3kg
えさ 食性は植物食傾向の雑食で、種子、葉、芽、地下茎、魚類、両生類やその幼生、昆虫、甲殻類、軟体動物、環形動物などを食べる。
説明 頭頂が盛り上がり、頭部が三角形にみえる。嘴は黒く、青灰色の帯模様が入る。オスの虹彩は赤い。繁殖期のオスは頭部から頸部の羽衣が赤褐色、胸部の羽衣や尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)は黒い。体側面の羽衣は灰色で、黒や黒褐色の細かい縞模様が入る。メスの虹彩は褐色。メスは頭部から胸部にかけての羽衣が褐色。湖沼、河川、河口、内湾などに生息する。繁殖形態は卵生。水辺のイグサやヨシの茂みや水面に浮かぶ水生植物の上などにヨシを積み上げた巣を作り、8-10個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は24-28日。雛は孵化してから50-55日で飛翔できるようになり独立する。生後1-2年で性成熟する。

ページの先頭へ