伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ビワヒガイ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ビワヒガイ
分類 魚類
コイ科
学名 Sarcocheilichthys variegatus microoculus
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 20 cm
えさ 雑食性であり、水生昆虫や小型の巻貝、付着藻類などを食べる。
説明 全長は約20 cmほどになる。背鰭に1本の黒色帯がある。幼魚は体側に黒色縦帯があるが、成長につれ薄れる。カワヒガイに似ているが、吻がとがって長く、やや口が大きいなどの違いがある。また、眼が小さく、尾鰭後縁の切れこみが深いという特徴がある。口ひげは短い。
繁殖期の雄は、頬が橙色になり目が赤くなる。
湖や河川下流域の砂底や砂礫底で障害物の多い場所に生息する。雑食性であり、水生昆虫や小型の巻貝、付着藻類などを食べる。繁殖期は4月から7月であり、カワヒガイと同様にメスはイシガイやタガイなどの二枚貝の入水管に産卵管を挿入し、外套腔に産卵する。産卵の時には、雌雄同時に産卵と放精を行う。2年で成熟し、飼育下では6年ほど生きる。
お役立ちメモ 琵琶湖固有種である。

ページの先頭へ