伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

アブラハヤ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 アブラハヤ
分類 魚類
コイ科
学名 Rhynchocypris logowskii steindachneri
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 全長は15cmほどになる。
説明 山地の湖沼や河川の中上流域の淵や淀みに生息する。低水温を好み、雑食性で底生生物や流下物、付着藻類などを食べる。産卵期は4月から7月であり、淵や平瀬の砂礫底に多くの個体が集まり集団産卵する。幼魚は浅く流れのゆるやかな所で群れて生活し、成長すると淵や淀みに移動する。
全長は15cmほどになる。体色は黄褐色で鱗が小さく、不明瞭な小黒斑が散在する。体側に黒色の縦帯があり、タカハヤと比べ明瞭である。また、尾びれのくぼみがタカハヤに比べて深い傾向がある。
お役立ちメモ 鱗が小さく、体表のぬめりが強いことからアブラの名がある。

ページの先頭へ