伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

サンショウ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 サンショウ
分類 植物
ミカン科
学名 Zanthoxylum piperitum
別名 ハジカミ
生息地 森林
見られる季節
3m
説明 雌雄異株。落葉樹林に自生する落葉低木であり、乾燥や夏季の日差しに弱く、半日陰の湿潤な地勢を好む。樹高は3m程、大きなものは5mになる。枝には鋭い棘が2本ずつ付く。葉は互生、奇数羽状複葉。長さ10?15cmほど。5?9対の小葉は1?2cmの楕円形で縁は鋸歯状。裏は表に比べ白っぽい。花は、4月?5月ごろ開花し、直径5mmほどで黄緑色。雄花は「花山椒」として食用にされ、雌花は若い果実、または完熟したものを利用する。果実の直径は5mm程度。はじめ緑色であるが9月?10月ごろに赤く熟し、裂開して中の黒い種子が出てくる。
お役立ちメモ 若葉は食材として木の芽の名称がある。雄株と雌株があり、サンショウの実が成るのは雌株のみである。

ページの先頭へ