伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ウソ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団、秋葉徹氏、篠原善彦氏、三島直温氏、及川俊弘氏

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ウソ
分類 鳥類
アトリ科
学名 Pyrrhula pyrrhula
別名 弾琴鳥
生息地 森林
見られる季節
全長 15-16cm
体重 21-34g
えさ 春に木の実や芽(時にはサクラ、ウメ、モモなどの花や蕾などを食べ、繁殖期に昆虫のガの幼虫やクモなどを食べ、秋にはズミやナナカマドの果実などを食べる。
説明 体はスズメよりやや大きく、頭の上と尾、翼の大部分は黒色、背中は灰青色。くちばしは太く短く黒い。雄の頬、喉は淡桃色をしているが、雌にはこの淡桃色の部分はない。繁殖期は山地の針葉樹林に生息し、非繁殖期には低地の林にも生息する。非繁殖期は10羽ほどの小規模の群れを形成する。繁殖期は5-7月で、縄張りをもちつがいで生活する。針葉樹の枝の上に枯れ枝などを使って椀形の巣を作る。1腹4-6個の卵を産む。抱卵期間は12-14日で、雌が抱卵する。雛は12-18日で巣立ちする。
お役立ちメモ 和名の由来は口笛を意味する古語「うそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから名付けられた。

ページの先頭へ