伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

カマツカ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 カマツカ
分類 魚類
コイ科
学名 Pseudogobio esocinus
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
全長 15-20cm
えさ 水生昆虫などの底性の小動物や有機物
説明 体長15-20cmほどの細長い体と、長く下に尖った吻が特徴。吻の下には1対のヒゲがある。主に河川の中流・下流域や湖沼の砂底に生息し、水生昆虫などの底性の小動物や有機物を底砂ごと口から吸い込み、同時に砂だけを鰓蓋から吐き出しながら捕食する。繁殖期は春から初夏にかけてである。
おとなしく臆病な性質で、驚いたり外敵が現れたりすると、底砂の中に潜り、目だけを出して身を隠す習性があることから「スナホリ」・「スナムグリ」・「スナモグリ」など、また生態が海水魚のキスに似ていることから「カワギス」など、また鰓蓋から勢いよく砂を吐き出す仕草から「ツチフキ」という別名もある(尚、本種とは別に、一回り小柄なツチフキという魚も存在する )。

ページの先頭へ