伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ヒメシロアサザ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ヒメシロアサザ
分類 植物
ミツガシワ科
学名 Nymphoides coreana
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 浮葉植物で、地下茎から茎を伸ばし、浮葉を1-3枚展開する[1]。葉の長さは2-6cmで、同属のガガブタより少し小型である。

花期は7-9月、4-5裂する白い花弁をもった花を多数咲かせる。花冠は8mm程度で、花弁の縁には毛をもつ[2]。種子は長楕円形で、長さ3-5mm、結実率は良い[2]。

殖芽を形成して越冬するという報告もあるが、正確にはわかっていない[2]。
お役立ちメモ 日本では水田雑草となることもある一方で、個体数は減少傾向にあり、絶滅危惧種に指定されている。

ページの先頭へ