伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ミズアオイ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ミズアオイ
分類 植物
ミズアオイ科
学名 Monochoria korsakowii
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 水田の畦や湖沼などに生息する抽水植物。一年草。葉は根生で、葉は水面下で線形、水面上に出ると円心形。葉先は尖る。草体の高さは最大1mになることもある。
7月から10月にかけて、青紫色の花をつける。雌しべは1本。雄しべは6本であるが、うち1本のみ青紫色を呈し、残り5本は黄色の葯を持つ。果実は楕円形で、長さ約1cm。
お役立ちメモ かつては水田雑草としてよく見られたが、水路の改修や除草剤の使用などによって生息環境が悪化し、個体数が減少している。

ページの先頭へ