伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ツグミ

写真提供:財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団、秋葉徹氏、篠原善彦氏、三島直温氏、及川俊弘氏

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ツグミ
分類 鳥類
ツグミ科
学名 Turdus eunomus
生息地 草原・河原
見られる季節
全長 24cm
えさ 食性は雑食で、昆虫、果実などを食べる。
説明 日本では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が夏季になると聞こえなくなる(口をつぐんでいると考えられた)ことに由来するという説がある。日本全国で普通に見られる。全長24cm。翼開長39cm。色彩の個体変異が大きく、ハチジョウツグミとの中間型もいる。嘴の色彩は黒く、下嘴基部は黄色。後肢の色彩はピンクがかった褐色。頭頂から後頸の羽衣は黒褐色、背の羽衣は褐色。喉から胸部は淡黄色、胸部から腹部の羽衣は羽毛の外縁(羽縁)が白い黒や黒褐色。尾羽の色彩は褐色や黒褐色。翼の色彩は黒褐色で、羽縁は赤褐色。雌雄ほぼ同色である。平地から山地にかけての森林、草原、農耕地などに生息する。越冬地ではまず山地の森林に群れて生息し、その後に平地へ移動し分散する。

ページの先頭へ