伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ヒルムシロ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ヒルムシロ
分類 植物
ヒルムシロ科
学名 Potamogeton distinctus
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 楕円形の葉を水面に浮かせる。穏やかな流水条件化で生育することもあり、細長い浮き葉の形はそれへの適応かとも見えるが、池などの止水にもよく出現する。
地下茎は泥の中にあって横に這い、水中に茎を伸ばす。茎には節があり、節ごとに葉をつける。葉は互生するが、花序のつく部分では対生することもある。
水中では水中葉を出す。水中葉は細長く、薄くて波打っている。次第に茎が水面に近づくと浮き葉を出し始める。浮き葉は細長い柄を持ち、葉身は楕円形で長さ5-10cm、幅が2-4cm位、先はややとがる。表側はつやがあって水をはじくが、ハスほどではない。葉はやや赤みを帯び、表側は黒っぽく、裏側は赤っぽく見える。
花は夏以降に出る。葉腋からやや長い柄が出て、先端に棒状の花穂がつく。開花時には穂は水面から出て直立するが、花が終わると横向きになって水中に入る。
秋になると茎の先は膨らんで芋状になり、越冬芽を形成する。
水草はビオトープ施設やアクアリウムでの利用が多い。
お役立ちメモ 名前の由来は蛭筵で、浮葉を蛭が休息するための筵に例えて名付けられたという。

ページの先頭へ