伊豆沼・内沼いきもの図鑑

ここから本文です。

ジュンサイ

タブレット・スマートフォンから閲覧する方は下のQRコードを読み取りアクセスしてください。

生物名 ジュンサイ
分類 植物
ハゴロモモ科
学名 Brasenia schreberi
生息地 川・湖・沼・湿地
見られる季節
説明 本種のみでジュンサイ属を構成する。なお、蓴菜の字は難解であるため、純菜や順才の字があてられることもある。
スイレンなどと同じように葉を水面に浮かべる水草である。澄んだ淡水の池に自生する。若芽の部分を食用にするため、栽培されている場合もある。
東南アジア - インド、アフリカ、オーストラリア、アメリカ等に世界に広く分布する。日本では北海道 - 九州及び南西諸島(種子島・沖縄島に分布するが、すでに絶滅した地域もある。 多年生の浮葉植物。葉は互生、楕円形で、長さ5 - 12mm、裏面は紫色。葉柄は裏側の真ん中に着く盾形であり、ハスの葉と同じ付き方である。地下茎は水底の泥の中にあるが、そこから葉柄をのばすのではなく、茎が伸びて水面近くまで達する。秋に地下茎の一部は、養分を貯蔵して越冬用の殖芽となる。この茎からまばらに葉柄をのばし、その先に葉をつける。茎の先端の芽の部分や若葉の裏面は寒天質の粘液で厚く覆われ、ムチンによるぬめりがある。花期は6 - 8月。花は茎から水面に伸びた柄の先につき、直径1 - 1.6cm。花弁・がく片は3枚ずつで、スイレンの花を細くしたような姿だが、花弁は紫褐色であまり目立たない。
お役立ちメモ ジュンサイは世界に広く分布している植物だが、食用にしているのは中国と日本くらいである。寒天質で覆われた若芽は日本料理で食材として珍重される。ジュンサイは秋田県の郷土料理とされ、同県の三種町は生産量日本一である。

ページの先頭へ