ホーム > 市政情報 > 商業・工業 > 市長の企業訪問 > エスビー食品株式会社宮城工場様

更新日:2019年2月25日

ここから本文です。

エスビー食品株式会社宮城工場様

平成31年1月24日、エスビー食品株式会社宮城工場様(中田町石森)を訪問し、神戸工場長をはじめ社員の皆様から事業の説明を受け、その後工場を見学させていただきました。

同社宮城工場は1993年4月に設立し、当初は無菌パックご飯の製造をメインに行っておりました。パックご飯の製造は2016年2月に終了し、現在はシーズニング(スパイスとハーブに調味料をブレンドしたもの)、ラー油、粘体ボトル(おろし生わさび、おろし生しょうが)、業務用香辛料などの製品を製造しています。シーズニングは味つけ、風味づけが手軽にできることから主婦の皆様から人気があり、また、全国で流通している同社のラー油はすべて登米市で生産しているとのことです。

同社は国内で初めてカレー粉を製造したことを原点として、それ以降もさまざまな香辛料、調味料を製造し、現在では中身が出しやすい容器を開発するなどの創意工夫も凝らしおいしさを追及しています。

今後もスパイス、ハーブの製造、販売を通じて地域経済に貢献していただけることを期待しております。

事業説明風景

集合写真

企業からのコメント

エスビー食品は1923年に創業し、スパイス&ハーブのパイオニアとして、コショーをはじめとするスパイスやカレー、わさび、フレッシュハーブなど、日本の食卓においしさをお届けしてまいりました。

その中で宮城工場は、1993年に無菌パックごはん専用工場として創業を開始しましたが、現在はラー油やわさび、しょうが、シーズニングなど香辛料を主体とする、まったく新しい工場に生まれ変わっています。

宮城工場では労働安全マネジメントシステムOHSAS18001や食品安全マネジメントシステムFSSC22000の認証を取得し、安全・安心な製品作りに努め、すべてのお客様に心から満足していただける製品をお届けすることを目標に日々の生産を行っています。

 

エスビー食品ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

登米市産業経済部地域ビジネス支援課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2706

ファクス番号:0220-34-2802

メールアドレス:chiikibusiness@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ