ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 医療費適正化

更新日:2021年9月14日

ここから本文です。

医療費適正化

登米市国民健康保険では、医療費のお知らせや後発医薬品差額通知など医療費適正化の事業を行っています。

お薬手帳は1人1冊

自分の処方されている薬が分かるようにお薬手帳を持ちましょう。

医師や薬剤師等がお薬手帳により副作用や飲み合わせ等の確認がしやすくなります。

ポリファーマシーをご存知ですか

多くの薬を服用しているために副作用を起こしたり、きちんと薬が飲めなくなったりしている状態をいいます。

複数の医療機関を受診することで、薬の数が多くなることがありますが、そのような時には「お薬手帳」を持参して、自分が処方されている薬の情報をきちんと伝えるようにしましょう。

セルフメディケーションを行いましょう

セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすることです。

 

1 セルフメディケーションの主な効果
  • 毎日の健康管理の習慣が身につく。
  • 医療機関受診にかかる手間や費用が削減される。

2 セルフメディケーションを上手に行うには?

  • 適度な運動、バランスのとれた食事、十分な睡眠・休息を心がけ、体調管理(体温・体重・血圧等の測定、健康診査受診等)を継続するなど、日頃から健康を意識しましょう。
  • 軽度な身体の不調を手当する際、OTC医薬品(薬局やドラッグストアで処方箋なしで購入できる市販薬)を使用しましょう。
  • かかりつけの薬剤師に分からないことは相談するようにしましょう。

3 医療費控除の特例が受けられる場合があります

  • 健康診査や予防接種などを受診し、対象となるOTC薬品を購入した人は、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が受けられる場合があります。

お問い合わせ

登米市市民生活部国保年金課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2166

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kokuhonenkin@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ