ホーム > 市政情報 > まちづくり・環境 > 市の取り組み > 協働のまちづくり > 子どもたちが考える登米市の未来新聞コンクールについて

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

子どもたちが考える登米市の未来新聞コンクールについて

「子どもたちが考える登米市の未来新聞コンクール」とは

未来新聞トップページイメージ


登米市では、協働による持続可能な発展を目指すため、「登米市まちづくり基本条例」を制定し、この中で登米市の将来を担う人材育成を位置づけています。

本事業はその方策の一つとして、次世代のまちづくりの担い手である子どもたちに、新聞づくりを通して、自分が生まれ育った登米市の魅力を再発見しながら、地域を愛する心を養い、まちづくりに興味を持ってもらうための取り組みとして実施しています。

平成20年度から開催し、令和元年度で第12回目を迎え、累計参加校数は134校、参加人数は3,354名、作品数は542点になりました。

また、例年1月に審査会を開催し、応募作品の中から特に優れた作品を選出しています。入賞作品を作成したグループは、表彰式にて賞状の授与及び作品の発表を行います。

応募作品は、多くの人にご覧いただけるように毎年2月にイオンタウン佐沼の専門店街通路に展示しています。

第13回開催概要

過去の入賞作品

お問い合わせ

登米市まちづくり推進部市民協働課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2173

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ