ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 消防 > 登米市消防本部 > 生活安心情報 > 地域で防災【自主防災活動に参加しましょう】

更新日:2020年3月24日

ここから本文です。

地域で防災【自主防災活動に参加しましょう】

自主防災組織は、地域住民が自分たちの地域は自分たちで守るという自覚、連帯感に基づき結成された組織です。

災害の規模が大きくなればなるほど、防災機関(消防など)がすべての災害現場に向かうことは困難

防災対策の基本は、

  1. 自助…住民一人一人が自分の命は自分で守る
  2. 共助…地域住民が連携して町の安全はみんなで守る
  3. 公助…行政が災害に強い地域の基盤整備を進める

自主防災組織の役割

自主防災組織は、大規模な災害が発生した際、地域住民が的確に行動し被害を最小限に止めるため、日ごろから地域内の安全点検や住民への防災知識の普及・啓発、防災訓練の実施など地震被害に対する備えを行い、また、実際に地震が発生した際には、初期消火活動、被災者の救出・救助、情報の収集や避難所の運営といった活動を行うなど、非常に重要な役割を担っています。

自主防災組織の活動

平常時
地域内の安全点検 防災知識の普及・啓発 防災訓練の実施
地域内に被害の拡大につながる原因が無いか、また、一人暮らし高齢者世帯など援助を必要としている人の確認を行う。
防災訓練や講習会を通じて防災知識を地域住民に伝える。 災害を想定して訓練を行い、消火器の使用法や応急担架の作成方法など、防災活動に必要な知識や技術を習得する。
災害時
初期消火 避難誘導 救出・救助 情報収集・伝達 避難場所の管理・運営
出火防止のための活動や初期消火活動の実施。 住民を避難場所への誘導 負傷者の救出、搬送 災害に対する正しい情報の伝達 水や食料などの配布、炊き出し活動

自主防災組織の平常時と災害時の役割

担当

日常の活動

非常時の活動

  • 年間防災計画・規約の作成および組織の役割を明確にしておく。
  • 公的防災機関などとの連携を確保する。
  • 本部員の招集とあらかじめ定められている役割分担の確認を行う。
  • 各班の活動の統制を行う。

  • 出火防止の啓発を行う。
  • 火気器具、危険物の保管・管理、プロパンガスボンベの転倒防止などの呼びかけ。
  • 消火用水の確保、消火器の点検を行う。
  • 初期消火訓練を行う。
  • 出火防止および初期消火活動を行う。
  • 消防機関に協力をする。

  • 一時集合場所、避難場所への経路を確認しておく。
  • 危険箇所(がけ、ブロック塀など)をあらかじめ確認しておく。
  • 避難誘導訓練を行う。

 

  • 避難場所、避難路の安全確認および危険箇所の表示を行う。
  • 公的防災機関と連絡をとる。
  • 避難情報を伝達する。
  • 避難誘導を行うとともに、避難場所などにおける秩序の維持に努める。

救出

救護

  • 地域内のお年寄り、乳幼児、病人などを確かめておく。
  • 応急医薬品および資機材を備える。
  • 負傷者の把握を行う。
  • 救出活動を行い、救急処置を行う。
  • 負傷者を救護所などに搬送する。

  • 地震についての正しい知識の普及を図る。
  • 映画会、懇談会などを開催する。
  • 防災マップなどを作成し、地域防災意識を高める。
  • 巡回広報、情報収集・伝達訓練を行う。
  • 公的防災機関から発表される災害情報を地域住民に広報する。
  • 地域の被害状況および必要な情報を把握する。
  • 公的防災機関などとの緊急連絡を行う。

 

給食

給水

  • 食料、飲料水などの備えを呼びかける。
  • 必要な資機材の確保と点検を行う。
  • 炊出し訓練、給水訓練などを行う。
  • 必要に応じて炊出しを行う。
  • 食料および応急物資の調達、配分を行う。

「自分たちのまちは自分たちで守る」という心構えで積極的に自主防災組織に参加し、災害に強いまちづくりを進めましょう。

お問い合わせ

登米市消防本部予防課

〒987-0512 登米市迫町森字平柳25番地

電話番号:0220-22-1900

ファクス番号:0220-22-4699

メールアドレス:yobou@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ