ホーム > 市政情報 > 行政・施策・計画 > 各種計画 > 登米市協働のまちづくり指針

更新日:2019年6月25日

ここから本文です。

登米市協働のまちづくり指針

登米市協働のまちづくり指針【改訂版】とは

登米市では平成19年5月に策定した「登米市協働のまちづくり指針」を基にして、これまでの取り組みの成果と課題を踏まえるとともに、社会情勢の変化に対応し、協働のまちづくりをより一層推進するため、次の登米市の10年に向けて新たな指針を策定し、「登米市協働のまちづくり指針【改訂版】」として平成29年3月に発行しました。

改訂の経緯

登米市では、条例において協働による登米市の持続的な発展を目指すことをまちづくりの基本理念としています。また、登米市総合計画(平成18年度~平成27年度)、第二次登米市総合計画(平成28年度~平成37年度)においても、協働の推進を掲げています。

平成19年の指針策定後、「条例づくり」、「人づくり」、「市民活動拠点づくり」「計画づくり」の協働4づくり事業を柱に、さまざまな取り組みを行ってきました。

平成24年4月には、指針に基づき「登米市まちづくり基本条例(以下「条例」という。)」を施行し、登米市のまちづくりにおける基本的な事項やルールを定め、「協働による登米市の持続的な発展」を目指すことをまちづくりの基本理念に掲げ、指針を中心にさまざまな協働事業を展開することにより、協働によるまちづくりの土台を構築してきました。

しかし、少子高齢化の進行や人口の減少など社会情勢が大きく変動しており、地域が抱える課題や市民ニーズも複雑化・多様化していることから、「地域のことは地域で考え、地域自らの責任で決める」という自治の考えのもとでまちづくりを進めていくことが、今後ますます大切になっています。

そのようなことから、これまでの取り組みの成果と課題を踏まえるとともに、社会情勢の変化に対応し、協働のまちづくりをより一層推進するため、次の登米市の10年に向けて、新たな指針を策定することとしました。

これまでの指針を見直し新たな指針を策定することによって、これからの10年の協働の目的や基本原則を確認し、推進方針などを定め、多様な主体と協働によるまちづくりを推進していきます。

お問い合わせ

登米市企画部市民協働課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2173

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ