ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 児童手当の制度改正について(令和6年10月から)

更新日:2024年6月20日

ここから本文です。

児童手当の制度改正について(令和6年10月から)

令和6年6月5日に成立した「子ども・子育て支援法等の一部を改正する法律」により、令和6年10月(令和6年12月支払)の児童手当から、制度内容が一部変更となります。

制度改正の内容について

制度改正の内容は以下のとおりです。

(令和6年10月支給分(6月から9月分)につきましては、制度改正前の児童手当制度での支給となります。)

所得制限の撤廃

所得制限限度額や所得上限限度額により、児童手当が受給されていなかった方も、所得にかかわらず児童手当を受給できます。

※児童手当の受給者については、引き続き児童を監護する父母のうち所得が高い方です。

支給期間の延長

児童手当の支給期間が、18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)となります。

第3子以降の児童の支給額の増額

監護する子のうち、第3子以降の18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)の子は、月額3万円の支給となります。

手当月額
児童の年齢 手当月額
第1子・第2子 第3子以降
0歳~3歳未満 15,000円 30,000円
3歳~高校生年代まで 10,000円

※第3子以降の数え方(カウント方法)の変更

監護している子の数え方については、現在の18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(高校生年代まで)を第1子とする扱いを見直し、22歳に達する日以後の最初の3月31日までの上の子について、親等の経済的負担がある場合は第1子とする数え方に変更となります。

支払月の変更

児童手当の支払月が4月、6月、8月、10月、12月、2月の年6回となります。

各前月までの2か月分を偶数月のそれぞれ10日(10日が土・日・祝日の場合は直前の平日)に支払います。

支給対象月 2月分 3月分 4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分 1月分
支払月 4月 6月 8月 10月 12月 2月

※受給資格が消滅した場合等、支払月以外に振り込む場合があります。

制度改正後、初回の支払は令和6年12月10日(火曜日)を予定しています。

支払通知書の廃止

児童手当の支払が2か月に1回になることに伴い、令和6年12月から児童手当支払通知書が送付されなくなります。

支払状況等については、支払日以降に通帳の記帳などによりご確認ください。

 

制度改正による申請手続きについて

制度改正に伴い、受給者の方の状況によって申請等が必要になります。

必要書類や申請方法の詳細が決まり次第、本ページに掲載いたします。

 

公務員の場合

公務員の場合は、勤務先から児童手当が支給されます。申請が必要な場合、勤務先に申請をしてください。

 

お問い合わせ

登米市福祉事務所子育て支援課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-5562

ファクス番号:0220-58-2375

メールアドレス:kosodateshien@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ