ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 被保険者が亡くなったとき

更新日:2019年4月7日

ここから本文です。

被保険者が亡くなったとき

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなったときは、葬儀を行った人(喪主)に葬祭費として5万円が支給されます。

ただし、死亡の原因が交通事故など第三者の行為によるもので、第三者(加害者)から葬祭にかかる費用について賠償(自賠責保険の葬儀費など)を受ける場合、後期高齢者医療制度からは支給されませんのでご注意ください。

※申請が葬儀を行った日の翌日から2年を経過しますと時効となり支給されませんのでご注意ください。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 葬祭執行者(喪主)を確認できる書類(会葬御礼、葬祭に要した費用の領収書など)
  • 葬祭執行者名義の通帳など(銀行名、口座番号が確認できるもの)
  • 葬祭費受領委任状(喪主以外の方が葬祭費を受け取る場合)

問い合わせ

  • 市民生活部国保年金課(南方庁舎)(0220-58-2166)
  • 迫総合支所市民課(0220-22-2226)
  • 登米総合支所市民課(0220-52-5054)
  • 東和総合支所市民課(0220-53-4112)
  • 中田総合支所市民課(0220-34-2313)
  • 豊里総合支所市民課(0225-76-4113)
  • 米山総合支所市民課(0220-55-2112)
  • 石越総合支所市民課(0228-34-2112)
  • 南方総合支所市民課(0220-58-2112)
  • 津山総合支所市民課(0225-68-3113)

お問い合わせ

登米市市民生活部国保年金課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2166

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kokuhonenkin@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ