ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 高額医療・高額介護合算制度(後期高齢者医療制度)

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

高額医療・高額介護合算制度(後期高齢者医療制度)

医療費が高額になった世帯に、介護保険の受給者がいる場合、医療保険と介護保険の両方の自己負担額を合算し、決められた限度額を超えた分が支給されます。

自己負担限度額(年額:毎年8月から翌年7月分まで)

所得区分

限度額

(後期高齢者医療+介護保険)

現役並み所得者(現役Ⅲ)

212万円

現役並み所得者(現役Ⅱ)

141万円

現役並み所得者(現役Ⅰ)

67万円

一般

56万円

低所得Ⅱ(区分Ⅱ)

31万円

低所得Ⅰ(区分Ⅰ)

19万円(注)

※自己負担限度額を超えた額が500円以下の場合は支給されません。

※限度額は変更される場合があります。

※所得区分は、毎年7月31日現在の医療費の自己負担限度額で適用される区分を適用します。

(注)低所得Ⅰで介護保険の受給者が複数いる世帯の場合は、基準額の適用方法が異なります。

自己負担限度額の計算

  • 対象期間は毎年8月から翌年7月までの1年間です。
  • 自己負担額には食事代や差額ベッド代など、保険適用外の支払額は含みません。
  • 毎年7月31日現在に加入している医療保険者が計算します。

申請手続き

該当する方には宮城県後期高齢者医療広域連合から通知が送られますので、お近くの総合支所市民課で申請してください。

ただし、次に該当する世帯には通知が送られないことがあります。自己負担限度額などを参考に、支給の対象になるかを確認してください。

  • 対象期間内に「市町村を越えて転居をした人」「他の医療保険から後期高齢者医療制度に加入した人」

※上記の場合、異動前の医療保険者または介護保険者からの「自己負担額証明書」が必要です。

問い合わせ

  • 【後期高齢者医療に関すること】
    宮城県後期高齢者医療広域連合(電話:022-266-1021)
    市民生活部国保年金課(電話:0220-58-2166)
  • 【介護保険に関すること】
    福祉事務所長寿介護課(電話:0220-58-5551)

お問い合わせ

登米市市民生活部国保年金課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2166

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kokuhonenkin@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ