ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 麻しん風しん予防接種【平成31年度(令和元年度)】

更新日:2019年5月20日

ここから本文です。

麻しん風しん予防接種【平成31年度(令和元年度)】

麻しんは感染力が非常に強く、一度発症するとまん延の防止が難しい病気ですが、確実に2回の予防接種を受けることによって予防できます。麻しん風しん混合ワクチンの接種で麻しんと風しんを予防しましょう。対象者の方は、体調の良いときに早めに予防接種を受けましょう。

定期の予防接種の対象者【平成31年度(令和元年度)】

【第1期】 生後12か月~24か月に至るまでの間

【第2期】 小学校就学前の1年間(5歳以上7歳未満)(平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれ)

定期の予防接種の期間

  • 第1期対象者の接種期間は生後12か月~24か月に至るまでの間です。1歳になったらできるだけ早めに受けましょう。
  • 第2期対象者の接種期間は、令和2年3月31日までです。
  • 予診票は、出生届の時にお渡しした予防接種予診票つづりの中にあります。

接種費用

  • 接種期間内の予防接種費用は、全額市が負担します。
  • 接種期間を過ぎてから予防接種を受けた場合は、任意接種となり接種費用は全額自己負担となります。

予防接種を受けられる医療機関

お問い合わせ

登米市市民生活部健康推進課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2116

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ