ホーム > くらしの情報 > 住まい・生活環境 > 環境 > 廃食油の回収及びBDF推進について

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

廃食油の回収及びBDF推進について

 登米市におけるバイオディーゼル燃料(BDF)推進事業について

登米市では、環境基本条例の基本理念を具現化した「環境基本計画」の基本目標に掲げる❝地球環境にやさしいエネルギー利用を進めるまち❞を実現するため、天ぷら油などの廃食油を家庭や学校給食センターから回収し、環境にやさしいバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルしています。

効果

BDFとは?

BioDieselFuel(バイオディーゼルフューエル)の略で、軽油の代わりに使うことができる植物性燃料のこと。家庭で天ぷらや揚げ物をした後の捨てる油を精製して作られます。

 廃食油の回収場所、回収方法等について

【廃食油回収場所、回収日時】※受入日・時間内であれば、下記どの場所でも受入できます。

◎各総合支所/9施設:受入日=毎月第2水曜日(祝日の場合は翌日)受入時間:午前8時30分~正午まで

4月14日、5月12日、6月9日、7月14日、8月11日、9月8日、10月13日、11月10日、12月8日、令和4年1月12日、2月9日、3月9日

◎クリーンセンター(豊里)、衛生センター(エコランドとめ・南方)、資源化共同施設(米山)/3施設

受入日、時間=開庁日・時間内常時受入

 

【廃食油の回収方法について】※家庭から排出される廃食油のみとなります。

◎家庭から排出される廃食油は、上記施設の決められた日時に回収しますので、都合のよい場所をご利用ください。

◎使用済みの廃食油は、油かすなどをできるだけ取り除き、よく冷ましてから空の植物油容器やペットボトル等に移し替え、中身がこぼれないようしっかりと密閉してご持参ください。

◎ペットボトルをご使用の際は、軽く水洗いして、よく乾かしてから廃食油を移し替えしてください。

haisyokuyu-pet

◎廃食油は容器ごと回収しますので、各施設の回収日に設置している「廃食油回収ボックス」にそのまま入れてください。(容器は返却しませんのでご了承ください)

haisyokuyu-box

 

 飲食店など廃食油を大量に排出される事業者の方へ

登米市では、飲食店など廃食油を大量に排出する事業所等に対しての回収は行っておりません。廃食油をリサイクルしたいとお考えの事業所等につきましては、登米市が廃食油回収で連携協力いただいている(有)千田清掃へ直接お問い合わせください。

問い合わせ先:有限会社千田清掃〒989-6254大崎市古川狐塚字西田77●TEL:0229-27-3151●E-Mail:info@clean77.jp

有限会社千田清掃のホームページ(外部サイトへリンク)

 廃食油の回収・BDF使用状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ