ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 健康啓発・相談 > 健康づくり > 食育・栄養について > 児童の生活習慣病予防事業「すこやかキッズ教室」を開催しました

更新日:2018年1月31日

ここから本文です。

児童の生活習慣病予防事業「すこやかキッズ教室」を開催しました

平成29年11月29日(水曜日)北方小学校5年生の学年PTA行事で、すこやかキッズ教室を開催しました。

この教室は、児童と保護者が自らの健康に関心を持ち、生活習慣の見直しに役立ててもらおうと、学校、地域、行政が連携して行っているものです。

すこやかキッズ教室では、生活リズムの大切さや、バランスのよい食べ方をクイズなどで学びました。また、清涼飲料水に含まれる糖分量のサンプルや、各自持参した包装紙の栄養成分表示を見ながら、間食のとり方について親子で考えました。

その後、バランスよく食べるための3・1・2弁当法を学び、実際に弁当箱に主食3:主菜1:副菜2の割合で詰め、試食しました。事前の学習や、自分で詰めた弁当という事もあいまって、ほとんどの子どもが残さず食べました。

弁当に詰めるおかずは、親子の健康づくりのお手伝いをできればと、北方地区の食生活改善推進員の方々が準備にあたりました。

参加した児童からは、「ジュースに入っている砂糖の量にびっくりした。」「いただきますの意味が分かった。」「学校がお弁当のときは、自分で詰めて持っていきたい。」等の感想がありました。

また、保護者からは「おやつの選び方や食べる量を子どもと一緒に考えてみたい。」「弁当は子どもの好きなものを入れがちだが、主食・主菜・副菜のバランスを考えて弁当を詰めたい。」等の声が寄せられました。

この他、平成29年度のすこやかキッズ教室は、市内7校で開催されています。

 

【親子で生活リズムや食事について学習】

すこやかキッズ教室の写真1

【3・1・2弁当詰めの実践】

すこやかキッズ教室の写真2

お問い合わせ

登米市市民生活部健康推進課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2116

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ