ホーム > 観光情報 > 和牛ブランド

更新日:2019年7月22日

ここから本文です。

和牛ブランド

登米和牛ブランド

登米市産「仙台牛」「仙台黒毛和牛」について

登米市内で生産された牛肉には、会長を宮城県知事が務める仙台牛銘柄推進協議会(事務局:全農みやぎ)が管理する「仙台牛」と「仙台黒毛和牛」があります。平成25年度末に「はさま牛」及び「石越牛」が発展的解散をし、平成26年度から「仙台牛」ブランドに一本化されました。現在では農協出荷の「仙台牛」の約4割を登米市産が占めています。

 

  • 登米市産「仙台牛」

登米市内で肥育された黒毛和種であり、牛枝肉取引規格でA5・B5に格付評価されたもの。東京都中央卸売市場食肉市場、仙台市中央卸売市場食肉市場などの仙台牛銘柄推進協議会に認められた市場や共進会等に出荷されたもの。

  • 登米市産「仙台黒毛和牛」

登米市内で肥育された黒毛和種であり、牛枝肉取引規格でA・B共に3~4及びC5に格付評価されたもの。東京都中央卸売市場食肉市場、仙台市中央卸売市場食肉市場などの仙台牛銘柄推進協議会に認められた市場や共進会等に出荷されたもの。

和牛ブランド登米市和牛振興推進協議会の活動内容の紹介です。

登米産牛取り扱い店登米産牛を取り扱っている精肉店、美味しい牛肉料理を食べられるお店の紹介です。

その他の銘柄ブランド牛について

  • 「みちのく日高見牛」

登米市及び岩手県一関市の農場で生産された黒毛和種と乳用種の交雑種の独自ブランド牛。さらりとした味わいが特徴。積極的に輸出に取り組んでいる。

  • 「黒毛和牛日高見」

みちのく日高見牛と同じく、登米市及び岩手県一関市の農場で生産された黒毛和種の独自ブランド牛。牛枝肉取引規格でA3・B3以上に格付評価されたもの。

  • 「たんち牛」

登米市の農場で生産された黒毛和種の独自ブランド牛。自社生産し、牛肉の流通、提供まで行っている。

お問い合わせ

登米市和牛振興協議会(事務局:産業経済部農政課)
電話番号:0220-34-2713
ファクス番号:0220-34-2802
メールアドレス:nosei@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ