ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 健康啓発・相談 > 骨髄バンクドナー助成事業のご案内

更新日:2021年4月16日

ここから本文です。

骨髄バンクドナー助成事業のご案内

骨髄・末梢血幹細胞の提供者の負担を軽減し、骨髄移植の推進を図るため、日本骨髄バンクを介して骨髄等の提供を行った方に助成金を交付します。

助成対象となる方

次の1から3のすべてにあてはまる方

  1. 骨髄等を提供した日(最終同意をした後に骨髄等の提供が中止された場合は、最終同意をした日)において、登米市に住所を有すること。
  2. 骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄等の提供の完了または中止を証明する書類の交付を受けていること。
  3. 他の法令等により骨髄バンクに関する助成等を受けていない方。

※年齢、性別に制限はありません

助成金額

下記の骨髄等の提供のための通院もしくは入院または医師等との面談に要した日数1日につき2万円。上限を7日間(14万円)とします。

  1. 最終同意のための面談
  2. 健康診断のための通院(最終同意以降の通院に限る)
  3. 自己血採血のための通院
  4. 骨髄等採取のための入院
  5. 骨髄等の提供に関して、骨髄バンクが必要と認めた通院等

※ただし、骨髄等の採取のための手術及びこれに関した医療処置によって生じた健康被害のためのものを除きます。

申請方法

申請書に、骨髄バンクが発行する骨髄等の提供の完了または中止を証する書類の写し、骨髄等の提供に係る通院等をしたこと及び当該通院等をした日を証する書類の写し、振り込み先が確認できる申請者本人の通帳等を添えて、市民生活部健康推進課に提出してください。

※申請期限

骨髄等の提供が完了した日または中止にした日から1年以内に申請してください。

様式

登米市骨髄バンクドナー助成事業補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書(PDF:92KB)

登米市骨髄バンクドナー助成事業補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書記載例(PDF:102KB)

 

お問い合わせ

登米市市民生活部健康推進課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-2116

ファクス番号:0220-58-3345

メールアドレス:kenkosuisin@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ