ホーム > くらしの情報 > 税金 > 申告・控除 > 上場株式等の配当所得及び譲渡所得に係る個人住民税の課税方法の選択について

更新日:2019年5月1日

ここから本文です。

上場株式等の配当所得及び譲渡所得に係る個人住民税の課税方法の選択について

所得税と個人住民税で異なる課税方式の選択について

平成29年度の税制改正を受けて、個人住民税の上場株式等の配当所得及び譲渡所得について、所得税と異なる課税方式を選択できるようになりました。これにより所得税では総合課税または分離課税、個人住民税では申告不要制度を選択する等、申告者の自己責任において課税方式の選択が可能です。なお、課税方式を選択できるのは個人住民税の源泉徴収がされた配当所得、譲渡所得に限ります。

個人住民税を所得税と異なる課税方式とする場合は、以下の「市民税県民税申告書(上場株式等の配当等に関する住民税申告不要等申出書)」を納税通知書が送達される日までご提出ください。なお、納税通知書送達前であっても課税年度の4月中旬以降のご提出となると、課税内容への反映が遅延する場合があるのでご了承ください。

 

市民税県民税申告書(上場株式等の配当等に関する住民税申告不要等申出書)(PDF:177KB)

 

お問い合わせ

登米市総務部税務課 市民税係

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2163

ファクス番号:0220-22-0239

メールアドレス:somu-zeimu@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ