ホーム > 市政情報 > 登米(とめ)市の概要 > 市長の部屋 > 市に寄せられた主なご意見・ご提案と回答 > 1.生活・環境 > 市民バスの時刻改定について(令和2年5月)

更新日:2020年7月10日

ここから本文です。

市民バスの時刻改定について(令和2年5月)

ご意見・ご提案

栗原市志波姫に住んでおりますが、家の子どもが佐沼高校に市民バスを利用して通っております。
行きはくりこま高原駅発の新田線、帰りは適当な時間がないため石越線を利用して迫桜高校前までバスで帰り、バス停まで家の者が迎えに行っておりました。
令和2年4月のダイヤ改正でこれまでよく利用していた佐沼高校北18時28分発、迫桜高校前19時02分着をいう便がなくなりました。高校生活の最後の年、コロナ禍で落ち着かないなか家の者が学校まで迎えに行く必要に迫られ困窮しております。何卒、バスダイヤを戻していただけるようミヤコーバスはじめ各方面に働きかけをしていただきたいと存じます。10便というその時間のバスは、迫桜高校19時13分発になっておりますので、佐沼発の回送便の工夫で復活できるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

回答

この度は、令和2年4月1日改正の新ダイヤについて、ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
各路線のダイヤについては、市民の皆様からお寄せいただく通院や通学、買い物等の多数の要望を勘案しながら、市内の各地域に大きな隔たりを生じさせないよう検討を重ね、改正・運行をしているところであります。
令和2年4月1日のダイヤ改正については、市民や各高等学校の全校生徒を対象として平成30年度に実施した「市民バス利用者アンケート」の調査結果を踏まえ、学識経験者やバス運行事業者、管内警察署、隣接する自治体などの関係者で構成する地域公共交通会議で検討した内容となっております。
今回の石越線の改正については、高校生を対象としたアンケート調査結果において、「部活動を途中で切り上げてバスに乗っているため、出発時間を遅くしてほしい」との意見が多数あったことから、18時28分発から19時10分発に改正させていただいたところであります。
また、迫桜高校19時13分発におけるミヤコーバス佐沼営業所発の回送バスについては、他の路線の運行が終了したバスと運転手を充てていることから、10便を佐沼高校北から乗客を乗せて運行することは、バスの配送計画上、難しい状況であります。
なお、市民バスの運営に当たり、本市の財政負担上の問題から、各路線の増便は難しい状況でありますが、今後においても、バスをご利用される皆様のご意見を参考に、利便性の向上に努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

問い合わせ

企画部市民協働課
電話番号:0220-22-2173
ファクス番号:0220-22-9164
メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ