ホーム > くらしの情報 > 福祉・介護 > 地域包括ケア > 【登米市エンディングノート】~もしものときに伝えたい~大切な家族に宛てたわたしからのメッセージ

更新日:2020年11月10日

ここから本文です。

【登米市エンディングノート】~もしものときに伝えたい~大切な家族に宛てたわたしからのメッセージ

エンディングノートとは

エンディングノートとは、自分の意思を伝えることができなくなったときにも、自分らしい生き方を選択できるように、身近な人に伝えたいこと、伝えておくべきことを書くためのノートです。

登米市でも、登米市民の皆さまが、突然の事故や病気などにより自分の意思が伝えられなくなったときに、残された家族へ思いを伝えられるようにと作成しました。

あらかじめ思い出や告知・延命措置、医療・介護に対する希望などを書き留めておくことで、ご自身の歴史や意思をご家族に伝えることができ、最期まで自分らしく過ごせるようにとの願いを込めています。

ノートの使い方

このノートには、書き方のルールや必ず書かなければいけないことはありません。自分の思いを自由に書いてみてください。

  • 必要なページを選んで書きましょう。すべてのページを埋める必要はありません。
  • 定期的に内容を見直して更新しましょう。
  • ノートがあることを家族や身近な人に伝えておきましょう。
  • 具合が悪くなってからではなく、元気なときから書いておきましょう。

※このノートに法的な拘束力はありません。法的な拘束力が必要な場合は、遺言書の作成を検討してみてください。

エンディングノートのダウンロード

エンディングノートのダウンロードはこちらから

お問い合わせ

登米市福祉事務所長寿介護課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-5551

ファクス番号:0220-58-2375

メールアドレス:chojyukaigo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ