ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 流行疾患 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年8月7日)

更新日:2020年8月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年8月7日)

市長の熊谷です。

新型コロナウイルス感染症対策について、市民の皆様にお願いです。

国内で新型コロナウイルス感染者数が増加している中、県内でも高齢者施設でクラスター(感染者集団)が発生するなど、日々感染者が増加しております。さらに、感染者の増減に応じて必要な医療体制を県独自で示す「みやぎアラート」をレベル2からレベル3に引き上げたところであります。

市民の皆様には、「新しい生活様式」の中で、引き続き、慎重な行動をとっていただき、感染症が拡大している地域などへの移動は控えていただくようお願いします。

また、夏休みやお盆の時期を迎え、故郷へ帰省する方など人の動きが活発になると思われますので、市民の皆様、事業者の皆様も、更なる予防対策の徹底とより慎重な行動に心がけていただきますようお願いします。

改めて、人と人との間隔の確保、マスクの着用、手洗いの徹底などの基本的な感染症の予防対策と回避行動を習慣化していただくようお願いします。

令和2年8月7日

登米市長 熊谷盛廣

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年7月22日)

市長の熊谷です。

新型コロナウイルス感染症対策について、市民の皆様にお願いです。

国内で新型コロナウイルス感染者数が増加している中、県内でもクラスターが発生するなど感染者の拡大が懸念されております。

市民の皆様には、「新しい生活様式」の中で慎重な行動をとっていただき、感染症が拡大している地域や首都圏などへの移動は控えていただくようお願いいたします。

改めて、人と人との間隔の確保、マスクの着用、手洗いの徹底などの基本的な感染症予防を励行していただくとともに、引き続き、3つの「密」が同時に重なる場所を徹底的に避け、一層の感染予防対策を講じていただきますようお願い申し上げます。

令和2年7月22日

登米市長 熊谷盛廣

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年7月11日)

市長の熊谷です。

新型コロナウイルス感染症について、市民の皆さまにお知らせします。

宮城県より本日(7月11日)発表があり、本市においては初めてとなる新型コロナウイルスに感染された方が確認されました。

感染された方におかれましては、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

本市といたしましては、宮城県などの関係機関と連携を図りながら、適切な対応に努めてまいります。

市民の皆さまには、引き続き、人と人との間隔の確保、マスクの着用、手洗いの徹底などの基本的な感染症予防を励行していただくとともに、感染拡大防止のため、1.換気の悪い密閉空間、2.多数が集まる密集場所、3.間近で会話や発声をする密接場面、これら3つの「密」が同時に重なる場所を徹底的に避けていただきますようお願いします。

今後も、感染拡大防止に向け、なお一層取り組みを進めてまいりますので、市民の皆様におかれましても、冷静な行動とできる限りの対策を講じていただきますようお願い申し上げます。

令和2年7月11日

登米市長 熊谷盛廣

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年5月1日)

市長の熊谷です。

市民の皆さまに、改めてお願いです。

明日から、ゴールデンウィーク本番、5連休となります。新型コロナウイルス感染症対策において、特に大切な5日間になると思います。

本市においては、幸いなことに未だ新型コロナウイルス感染者は出ておりません。宮城県においても、以前に比べて、感染者の数は減少傾向にあり、落ち着きつつあるようにも見えます。

しかし、日本全体、世界規模からみると、まだまだ収束の兆しは見えてきておりません。このような時だからこそ、なお徹底した感染予防対策をしっかりと行動にうつしていくことが絶対に必要です。

「3密」、いわゆる密閉密集密接を避けましょう。マスクを必ず装着しましょう。手洗い、消毒を徹底しましょう。不要不急の外出、移動をやめましょう。県境をまたいでの移動は、まして、もっての外です。

感染しない、人にうつさない、家族を守る、地域を守る、そして愛する大切な人を守る。改めて、市民の皆さまにお願いいたします。かけがえのない「故郷(ふるさと)」を市民一丸となって、新型コロナウイルスから守りましょう。

ワンフォーオール、オールフォーワン、登米市はワンチームです。頑張りましょう。普段どおりの、いつもの登米市が、宮城県が、日本の国が早く戻ってきますように祈っています。

市長から市民の皆様へのお願いでした。よろしくお願いいたします。

令和2年5月1日

登米市長 熊谷盛廣

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年4月28日)

市長の熊谷です。

新型コロナウイルス感染症対策について、市民の皆さまに改めてお願いです。

4月16日、政府による「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が発令され、全国民が一致団結して感染拡大を抑えようとしておりますが、日本国内では日々感染者が増加している状況であります。

4月24日には、宮城県を含む7県知事と仙台、新潟の両市長が、感染拡大の防止と早期の終息を目指し、大型連休期間中の旅行や帰省等を含め、外出や県境を越える移動の自粛を、それぞれの県民に訴える「東北・新潟緊急共同宣言」を出しました。

市民の皆さまにおかれましては、引き続き、手洗いや咳エチケットの徹底などの基本的な感染症予防の励行と、感染の機会を減らすため、3密(密閉密集密接)を徹底的に避けていただきますようお願いします。さらに、不要不急の移動や外出は自粛してください。「自分がうつらない」だけではなく、「大切な人にうつさない」ため、「愛する故郷(ふるさと)を守る」ために、県外の家族や親類、友人、知人に移動を自粛していただくよう呼びかけてください。

市民の皆さまのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

令和2年4月28日

登米市長 熊谷盛廣

新型コロナウイルス感染症対策に係る登米市長メッセージ(令和2年4月17日)

市長の熊谷です。

新型コロナウイルス感染症対策について、市民の皆さまにお願いです。

4月16日、政府による「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が、全国に発令されました。

全国民が一致団結してなんとか、感染拡大を抑えようという国の強い意思だと思われ、このことを受け、市民の皆さまにおかれましては、見えない不安と恐怖を抱えながら、お過ごしのことと思います。

本市においては、未だコロナウイルスに感染された方はおりませんが、日本国内、宮城県内では日々、感染者が増加しており、本市においても、いつ感染者が出てもおかしくない状況に迫っており、ウイルス感染の拡大を食い止めるためには、医療や行政の力だけではなく、市民の皆さま一人一人が、このウイルスに対する適切な理解の中で、官民一体となった行動と協力が必要不可欠であります。

そのために、私から市民の皆さまへのお願いです。引き続き、手洗いや、咳エチケットの徹底などの基本的な感染症予防を励行していただくとともに、感染の機会を減らすため、1.換気の悪い密閉空間、2.多数が集まる密集場所、3.間近で会話や発声をする密接場面、これら3つの「密」が同時に重なる場所を徹底的に避けていただきますようお願いします。さらに、不要不急の移動はしないでください。他人との距離を十分に保ってください。家族以外の大人数での会食も行わないでください。「自分がうつらない」だけではなく、「大切な人にうつさない」ために、あらゆる努力を惜しまないでください。

私たちには、この危機的状況を克服する力があります。

私たち市民は、これまでも市民の力で、数々の自然災害や苦難を乗り越えてきました。

本市では、私を本部長とした「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、市民の皆さまと一致団結、力を合わせ、必ずやこの苦難を共に乗り越えることができると信じております。

あらためて、市民の皆さまのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

令和2年4月17日

登米市長 熊谷盛廣

 

お問い合わせ

登米市総務部市長公室

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2090

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:shichokoshitsu@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ