ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 図書館 > 図書館情報 > 幼稚園おすすめの本25冊

更新日:2019年1月11日

ここから本文です。

幼稚園おすすめの本25冊

幼稚園おすすめの本25冊
書名 著者名 出版社 おすすめポイント
きんぎょがにげた 五味太郎/作 福音館書店 色彩が鮮やかなので,幅広い年齢の子どもが楽しめる絵本です。
きんぎょが逃げた!さぁいったいどこへ?この繰り返しが何度でも楽しめて,子どもとの関わりももてる絵本です。
おいもさんがね・・ とよたかずひこ/さく・え 童心社 身近な食べ物が動き出す「おいしいともだち」シリーズ第7弾です。土の中から出てきたおいもたちには思いもよらない展開が待ち受けています。味覚の秋にぴったりで,身近な食べ物に興味をもつきっかけとなる一冊です。
うんこ! サトシン/作
西村敏雄/絵
文溪堂 題名と絵を見た時点で子どもたちはひと笑い。
わんこのおしりから地上に落とされたうんこくん。出会う動物たちすべてがあまりの臭いに逃げ出していきます。そんなうんこくんが最後に出会うのは誰でしょうか?
言葉遊びが盛り込まれた,とっても楽しい絵本です。
そら はだかんぼ! 五味太郎/作 偕成社 ライオンがはだかんぼになるなんて…くまがはだかんぼになるなんて…。
子どもたちに人気で着替えの意欲につながる,何度読んでも楽しめる絵本です。
おしっこ しょうぼうたい こみまさやす/作・絵 ひかりのくに 遊びたくて,ついついおしっこを我慢してしまい,おもらしの失敗を繰り返しているお子さんはいませんか?そんな子も,自分でトイレに行きたくなる絵本です。今日も消防隊は,元気いっぱい出動します!!
おつきみうさぎ 中川ひろたか/文
村上康成/絵
童心社 お月見のためにすすきを取っていた子どもたち。そこで不思議なウサギを見つけます。このうさぎって・・・!?シリーズで出されている中の一冊。
日本の伝統行事が分かりやすく描かれていて,お団子を作って,お月見をしたくなってしまう絵本です。
おかあさんだいすきだよ みやにしたつや/作・絵 金の星社 しつけのために,ついつい叱ってしまった後に,「あぁ,言い過ぎたかな・・・」と思ったことはありませんか?そんなときにはこの一冊。読んだ後は,子どもをギュッと抱きしめたくなる絵本です。
ぐりとぐら 中川李枝子/さく
大村百合子/え
福音館書店 野ねずみの双子が繰り広げるお話。人気シリーズの一冊です。絵本の中からカステラのあま~い香りと夢が広がる絵本です。
おひさまとかくれんぼ たちもとみちこ/さく・え 教育画劇 かくれんぼ上手のおひさまを動物たちは一生懸命に探しますが,なかなか見つかりません。この絵本は「しかけ絵本」になっていて,仕掛けの部分にさまざまなものがかくれんぼしています。ページをめくるときの子どもたちの期待感がとても伝わってくる絵本です。
うみの100かいだてのいえ 岩井敏雄/作 偕成社 「100かいだてシリーズ」の第3弾!!
10階ごとに住んでいる生き物が変わり,素敵なお家にお出迎えしてくれます♪
1~100までの数字に触れながら,さまざまな海の生き物を楽しめる絵本です。
かみさまからのおくりもの 樋口道子/著 こぐま社 「どうしてうちの子はこうなんだろう。」と思い悩んだことはありませんか。この絵本をきっかけに,子ども一人一人の良さを見つめ直すのはいかがですか。また,子どもも,自分の良さに気付き自分を好きになれるはずです。
おしいれのぼうけん 古田足日/作
田畑精一/画
童心社 たくさんのドキドキやワクワクが詰まった,子どもたちの冒険心をくすぐる物語です。狭い押入れの中から大冒険が始まります!読み終わった後は,自分の家の押入れが気になること間違いなし♪
もったいないばあさん 真珠まりこ/作・絵 講談社 子どもに物を大切に使ってほしい時やマナーなど絵本を通して伝えることができます。読んだ後は「もったいないばあさんが来ちゃうよ」が子どもとの合言葉になるかもしれませんね!
おとうさんはウルトラマン みやにしたつや/作・絵 学研 ウルトラマンが生まれて30年。ウルトラマンに憧れていた子どもたちも今はお父さん。ウルトラマンも家に帰れば,パパになる。そんなウルトラマンの姿に,自分を重ね合わせ,楽しんで見てもらえる絵本です。
モチモチの木 斎藤隆介/作
滝平二郎/絵
岩崎書店 切り絵で表現されていて,長く親しまれている絵本です。じさまの愛につつまれてすくすく育った豆太はちょっぴり弱虫。そんな豆太が大好きなじさまのために勇気をもって行動する感動の絵本です。
おもちのきもち かがくいひろし/作・絵 講談社 皆さんは「おもちの気持ち」について考えたことはあるでしょうか?ついに語られる,おもちの告白。「きがつくとわたくし,なんどもあたまをたたかれておりました」。おもしろい語り口に幼児も笑いをこらえきれません。
お正月に読めば「いい一年が過ごせそう」と感じさせてくれる絵本です。
ふしぎなナイフ 中村牧江・林健造/さく
福田隆義/え
福音館書店 一本のナイフがさまざまに変化するインパクトと単純なストーリー。あまり絵本に親しみがない子どもも見て楽しむことができる絵本です。
しろくまちゃんのほっとけーき 森比左志/文
わだよしおみ/文若山憲/絵
こぐま社 子どもたちが大好きなホットケーキの作り方がわかりやすく載っている,かわいくてお腹がなる絵本です。子どもとホットケーキを作るときには,この絵本を読んでから始めると楽しさが倍増するでしょうね♪
すいかのたね さとうわきこ/さく・え 福音館書店 ばばばあちゃんシリーズでも人気の一冊です。ばばばあちゃんがすいかの種を蒔くと,それを見ていた動物たちが次々に種を掘り起こします。怒った種は,どうしたでしょうか。読んだ後,楽しい気持ちになる絵本です。
いのちのまつり 草場一壽/作
平安座資尚/絵
サンマーク出版 あっと驚くようなびっくり仕掛けは「いのち」の大切さを感じさせてくれる一冊です。いのちのつながり,読み終わった後に家族の顔が浮かんでくることでしょう。
しゅくだい 宗正美子/原案
いもとようこ/文・絵
岩崎書店 幼稚園のメイコ先生がクラスの子どもたちに宿題を出します。はじめは「え~」「やだ~」と話していた子どもたちも,その宿題を喜んで行います。
次の日の朝,幼稚園に登園した子どもたちの表情はみんな笑顔。さぁ,メイコ先生の宿題は何だと思いますか?
ちょっとだけ 瀧村有子/さく
鈴木永子/え
福音館書店 生まれたばかりの赤ちゃんにお母さんはつきっきり。お姉ちゃんは何でも自分で頑張ってやろうとして,「ちょっとだけ」できるようになります。
甘えたいのを我慢する,お姉ちゃんの気持ちを感じられる絵本です。
おおきくなるっていうことは 中川ひろたか/文
村上康成/絵
童心社 リズムのある繰り返しの文章で「おおきくなるってこういうことは」と,読み手に語り掛けてくるようなシリーズの中の一冊です。大きくなるって素敵なことなんだと感じられるような,自分自身の成長を感じとるきっかけになるような絵本です。
こんとあき 林明子/さく 福音館書店 きつねのぬいぐるみの「こん」と,女の子「あき」が,電車に乗って小旅行。その間に起こるさまざまなハプニングにハラハラドキドキのお話。
生き生きとした二人の表情から,絵本の中に引き込まれてしまいそうです。その中で,自分に大変なことが起きても「だいじょうぶ,だいじょうぶ」と言う,「こん」の言葉が印象的な絵本です。
はじめてのおつかい 筒井頼子/さく
林明子/え
福音館書店 それほど遠い距離ではないけれど,一人でドキドキ。お使いを頼まれた頃を思い出します。子どもの頃を振り返って,親子で会話を楽しむきっかけになるかもしれませんね。

お問い合わせ

登米市教育委員会生涯学習課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2698

ファクス番号:0220-34-2504

メールアドレス:syogaigakusyu@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ