ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 生涯学習 > 東京五輪の事前合宿誘致に向けて

更新日:2019年6月12日

ここから本文です。

東京五輪の事前合宿誘致に向けて

登米市では、東京五輪に出場するボートチームの事前合宿招致活動を行っております。事前合宿をきっかけに、市のスポーツ振興の推進や国際的な交流も深めていきたいと考えております。また、チームの皆さんに登米市の優れた競技環境で、大会に向けてコンディションを整えていただけるようサポートにも取り組みます。

東京2020オリンピックボート競技事前合宿決定

 

本市がこれまで取り組んできた東京2020オリンピックボート競技事前合宿誘致について、ポーランドボート協会が登米市で事前合宿を実施することが決定しました。

【事前合宿とは】

海外の選手が大会出場のために来日した際、時差や気候、これまでのハードなトレーニングから、大会に向けて、心と体を整えるために実施する最終調整の合宿となります。

選手は、事前合宿後、最高のコンディションで選手村に移動し本番に備えます。

 

ポーランド視察写真左 ポーランド視察

 

平成31年3月31日から4月1日にかけて、ポーランドボート協会関係者が宮城県長沼ボート場を視察、これまで同協会と情報交換を継続し、このたび、同協会リチャード会長から登米市長あてに、事前合宿地として決定したい趣旨のメッセージを受け取りました。

メールの内容は、2019年8月にオーストリアのリンツで開催される世界選手権後に詳細を決定するとしながらも、2020年の7月10日から20日まで間、25人の選手と15人のスタッフ約40人が、登米市で事前合宿を行うことや、2019年8月に東京で開催される世界ジュニア選手権での再会を望む内容のものでした。

本市では、市の体育施設等を有効に活用し、同国の東京オリンピックにおけるメダル獲得とオリンピアン等との交流による貴重なレガシーが創出されるよう、万全な支援体制と交流計画を整え、市一丸となり同国のサポートに取り組んでまいります。

 

長沼ボート場クラブハウス(別ウィンドウで開きます)

 

長沼ボート場のPR動画を作成いたしました

登米市では、長沼ボート場の優れた競技環境を世界に発信するため、PR動画第1段を作成いたしました。ドローンを使って撮影した、長沼ボート場を強く印象づける内容となっております。是非ご視聴ください。

 

長沼ボート場のPR動画はコチラ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

samune

 

カナダチームが長沼視察に訪日

2020年東京五輪の事前合宿地選定のため、カナダのボート競技関係者が本市の長沼ボート場を視察に訪れました。艇庫やトレーニング施設を見学しただけでなく、船に乗ってコースを巡り、ブイの間隔や水深なども確認しました。

カナダ視察右2016年6月7日

 

関係機関公式ホームページ

日本ボート協会

公式ホームページはコチラ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

とめ漕艇協会

公式Facebookはコチラ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

宮城県ボート協会

公式ホームページはコチラ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

 

お問い合わせ

登米市教育委員会生涯学習課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2698

ファクス番号:0220-34-2504

メールアドレス:syogaigakusyu@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ