ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 流行疾患 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 納税の猶予の特例

更新日:2020年4月28日

ここから本文です。

納税の猶予の特例

新型コロナウイルス感染症に納税者(ご家族を含む)が、り患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして以下のようなケースに該当する場合に、納税を猶予する制度があります。該当する場合は、1年以内(令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市民税等が適用されます)に限り、猶予が認められる場合がありますので、税務課徴収対策係にご相談ください。
(注)猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業の状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

 

対象となる方


新型コロナウイルス感染症の影響により、下記の1.と2.の両方の要件を満たす方(個人・法人は問いません)が対象となります。

  1. 令和2年2月以降において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 市民税等(期別ごと)を一時に納付することが困難であること。

事前準備資料等


【事業主の方】

  • 令和元年申告時の月別売上帳簿、令和2年売上帳簿等の令和2年2月以降の前年同期と収入が比較できる書類


【給与所得者の方】

  • 休業証明書(事業主からの任意様式で構いません)
  • 給与明細書(前年と今年同期の明細で収入が比較できるもの)

申請手続き


納税の猶予の対象に該当すると思われる方は、事前に電話で税務課徴収対策係まで相談ください。適宜対応します。

 

※国税(所得税・消費税・法人税等)については、下記の税務署まで事前にお電話でご相談ください。

  • 問い合わせ…佐沼税務署(0220-22-2501)

お問い合わせ

登米市総務部税務課 徴収対策係

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2169

ファクス番号:0220-22-0239

メールアドレス:somu-zeimu@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ