ホーム > 市政情報 > 行政・施策・計画 > 各種計画 > 原子力災害時における避難計画(豊里町・津山町編)

更新日:2019年8月19日

ここから本文です。

原子力災害時における避難計画(豊里町・津山町編)

平成23年3月に発生した東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故により、原子力災害に対する防災対策を重点的に実施すべき地域が、原子力発電所から概ね半径10kmから概ね半径30kmに拡大されました。

このため登米市でも、豊里町と津山町が東北電力株式会社女川原子力発電所から、概ね半径30km圏内の「緊急時防護措置を準備する区域(UPZ)」に含まれることになったことから、国の防災基本計画(原子力災害対策編)に基づき避難計画を作成することになりました。

この計画は、UPZ区域である豊里町及び津山町の住民の安全かつ速やかな避難について、必要となる基本的事項を定めるものです。

また、原子力災害の規模及び風向きによっては、登米市全域が避難等対象地域となる可能性があることも踏まえ、県内他市町村、さらには他県への避難について定める「広域避難計画」についても今後作成を進めていきます。

原子力災害時における避難計画(豊里町・津山町編)

お問い合わせ

登米市総務部防災課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2130

ファクス番号:0220-22-3328

メールアドレス:somu-bousai@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ