ホーム > 市政情報 > 農業・林業 > 農業 > 登米市伝統野菜復活プロジェクト

更新日:2019年12月11日

ここから本文です。

登米市伝統野菜復活プロジェクト

ずだね(地種)、たねでます(探しています)

各地で古くから栽培されてきた野菜の在来品種は、高度経済成長期以降、生産、流通、販売における経済効率優先の風潮の中で、多くが消滅してしまっています。

当地においても、地種により伝統を伝えてきた作付農家の高齢化により、存続の危機に瀕しているのが現状です。その一方で、近年、全国的に伝統野菜の価値が再評価されています。

先人の労苦により長い歴史の中で伝えられてきた“地もの”には経済効率や資本の論理では計れない価値があるのではないか、このまま消滅させて良いものだろうか、という思いから「登米市伝統野菜復活プロジェクト」を実施することとしました。

この事業では、市内の隠れた伝統野菜の他、伝統農法や伝統料理などについて調査を行い、存続に向けた取り組みを行っています。

top_img

復活プロジェクト内容

 

 登米市伝統野菜一覧

kannonjiseri

 

 

motitomigi

 

 

aramachina

 

karasina1

 

isinomorikagimame

 

yomegosasage

 

mukasikagimame

 

nagetauri

 

nagetanazuki

 

sinndouna

 

yokoyamanira

 

参考資料

伝統野菜復活プロジェクトの結果報告書(PDF:2,552KB)食育等にご活用ください

登米ブランドについて

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ