ホーム > 市政情報 > まちづくり・環境 > 市の取り組み > 協働のまちづくり > コミュニティ助成事業について

更新日:2018年9月25日

ここから本文です。

コミュニティ助成事業について

コミュニティ助成事業について

この助成事業は、コミュニティ組織や行政区などの地域住民組織の健全な発展と宝くじの普及広報を図るため、宝くじの収入を財源として、財団法人自治総合センターが助成するものです。

募集期間が非常に短い事業となりますので、募集があった場合に助成を希望するか、また、どのような内容で申請するかをあらかじめ団体内で決定しておくことをお勧めします。

  • 助成事業の種類・内容や助成額は、年度により変更される可能性があります。
  • 1件につき10万円単位での助成となります。
  • この助成を利用した施設・設備・備品等には、宝くじ助成により購入した旨を表示する必要があります。(所定のデザインのシールを貼り、宝くじの普及啓発を促進する)
  • 上記シールの購入費用も助成費用に含みます。

平成31年度コミュニティ助成事業について

一般財団法人自治総合センターから平成31年度コミュニティ助成事業の実施について通知がありましたので、各総合支所市民課及び企画部市民協働課で事前に申請の取りまとめを行ないます。

【平成31年度コミュニティ助成事業概要】

事業名

助成対象

助成金額

一般コミュニティ助成事業

住民が自主的なコミュニティ活動を積極的に実施し、地域の連帯感、自治意識の向上を目指すコミュニティ活動に直接必要な設備の整備に要する経費。ただし、建築物、消耗品、中古品、車両、銃・刀剣類、修繕は対象外。(例)祭りの太鼓、衣装など

100万円から

250万円まで

コミュニティセンター助成事業

コミュニティ活動推進のために必要な施設の建設または修繕(大規模なものに限る)の経費とその施設の備品に要する経費。ただし、土地の取得・造成、既存施設の購入・撤去・解体処理、外構工事に要する経費は対象外。

対象となる事業費の5分の3以内に相当する額。ただし、1,500万円まで

青少年健全育成助成事業

青少年の健全育成に資するため、主に親子で参加するスポーツ・レクリエーション活動、文化・学習活動などのソフト事業に要する経費。ただし、野球、バレーボール、サッカーに関する事業費は対象外。

30万円から

100万円まで

助成希望の報告

【報告書類】平成31年度コミュニティ助成事業希望団体調書を提出してください。

【報告先】

  1. 行政区、自治会、町内会等の団体:各総合支所市民課
  2. 各町域のコミュニティ団体:企画部市民協働課

【報告期限】

  1. 行政区、自治会、町内会等の団体:各総合支所へお問い合わせください
  2. 各町域のコミュニティ団体:平成30年9月28日(金曜日)

書類の提出

【提出書類】

  • 別記様式第1号(団体個別調書)
  • 別記様式1号別表
  • 「平成31年度必要書類一覧表」に記載のある書類一式

【提出先】上記助成希望の報告先と同様

【提出期限】

  1. 行政区、自治会、町内会等の団体:各総合支所へお問い合わせください
  2. 各町域のコミュニティ団体:平成30年10月4日(木曜日)

※応募いただいた団体には別途ご連絡いたします。

関係書類等

お問い合わせ

登米市企画部市民協働課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2173

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:shiminkyodo@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ