ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 令和元年東日本台風(台風第19号)関連 > 台風被害に関する支援情報 > 災害援護資金の貸付及び被災者生活再建支援金について

更新日:2019年11月19日

ここから本文です。

災害援護資金の貸付及び被災者生活再建支援金について

1災害援護資金の貸付について

支援内容

生活の立て直しに資する資金として、被害程度に応じ、災害援護資金の貸付を受けられる制度です。

対象となる方

災害により次のいずれかの被害を受けた世帯の世帯主

  1. 世帯主が負傷し、その療養に要する期間が1か月以上の場合
  2. 家財の被害金額が全家財の価格のおおむね3分の1以上の損害である場合(家財には、車両は含まれません)
  3. り災証明書の判定が住居の半壊または全壊である場合
  4. 住居全体が滅失もしくは流失した場合

貸付限度額

 

区分

世帯主に1か月以上の負傷がある場合

世帯主に1か月以上の負傷がない場合

世帯主の負傷のみ

150万円

家財損害が3分の1以上

250万円

150万円

住居が半壊した場合

270万円

170万円

住居が全壊した場合

350万円

250万円

住居全体が滅失もしくは流出した場合

350万円

所得制限

その世帯に属する方の市民税における前年の総所得額の合計が次の世帯人員区分の総所得額を上回る場合は、対象となりません。

 

世帯人員区分 市民税における前年の総所得額の合計額
1人 220万円
2人 430万円
3人 620万円
4人 730万円
5人以上 1人増すごとに30万円を加算

 

償還

  • 償還期間10年(据置期間3年、返済期間7年)
  • 償還方法年賦、半年賦、月賦のいずれか
  • 利率保証人有の場合は無利子、保証人無の場合は年1.5%

申請に必要なもの

【必須】災害援護資金借入申込書(PDF:195KB)記入例(PDF:286KB)

所得等調査同意書(PDF:79KB)

【必要に応じ必要】り災証明書、診断書、家財の被害状況が確認できる書類、保証人の住民票・所得証明・資産証明(住所が市外の場合)

申請期間

  • 令和2年1月31日まで

2被災者生活再建支援金について

支援内容

住宅の被害程度と再建方法に応じ、支援金を支給します。

対象となる方

  1. 住宅が全壊した世帯
  2. 住宅が大規模半壊した世帯
  3. 住宅が半壊し、止むを得ず住宅を解体した世帯

支給額

被害程度

基礎支援金

再建方法

加算支援金

単身世帯

単身以外

単身世帯

単身以外

全壊または

半壊し、解体

75

100

建設・購入

150

200

75

100

補修

75

100

75

100

賃貸

37.5

50

大規模半壊

37.5

50

建設・購入

150

200

37.5

50

補修

75

100

37.5

50

賃貸

37.5

50

 

申請に必要なもの

申請期間

  • 基礎支援金:令和2年11月11日まで
  • 加算支援金:令和4年11月11日まで

 

お問い合わせ

登米市福祉事務所生活福祉課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-5552

ファクス番号:0220-58-2375

メールアドレス:seikatufukusi@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ