ホーム > 市政情報 > 農業・林業 > 農業 > 農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(基本構想)について

更新日:2017年5月10日

ここから本文です。

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(基本構想)について

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想とは

都道府県は政令で定めるところにより、農業経営基盤の強化の促進に関する基本方針をおおむね5年ごとに、その後の10年間について定めています。市町村は県の基本方針に即して、地域の実情を踏まえた上で、農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(以下「基本構想」といいます。)を定めることができます。

登米市の基本構想は、担い手育成等の所施策を総合的に実施するための基準目標として、おおむね10年後を見通した本市における育成すべき農業経営体の目標を明確化、農業経営の改善を図ろうとする農業者に対する支援措置等について、その基本的な指針を定めるもので、地域の実情と中核的担い手農家の今後の経営方針を踏まえて策定しています。

基本構想の見直しを行いました

宮城県では、平成28年4月に基本方針を見直し、それに伴い登米市においても平成28年9月に基本構想を見直しました。

主な見直し内容は、次のとおりです。

  • (1)登米市における農業振興の目標の改正
  • (2)TPP協定に対し必要な対策の取り組みの追加
  • (3)農業経営形態の個別経営体および組織経営体の見直し

見直し後の登米市「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」については、こちら(PDF:4,313KB)

お問い合わせ

登米市産業経済部産業振興課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2716

ファクス番号:0220-34-2801

メールアドレス:sangyoshinko@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ