ホーム > 市政情報 > 農業・林業 > 農業 > 人・農地プラン実質化に向けた工程表の公表について

更新日:2019年9月30日

ここから本文です。

人・農地プラン実質化に向けた工程表の公表について

平成24年度から国(農林水産省)が事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配される中、5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地域や集落の話し合いに基づきとりまとめるプラン(計画)です。

プランのとりまとめ役は市町村で、地域の農業の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心となる経営体」と呼び、農地の集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農地利用の”設計図“を描いていきます。

このプランを、真に地域の話し合いに基づくものにする観点から、アンケートの実施や話し合いを通じて地図での現況把握、中心経営体への農地集約化についての将来方針を作成し、実質化に取り組んでいきます。これに合わせて、プランの実質化に向けた工程表を公表します。

お問い合わせ

登米市産業経済部産業振興課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2491

ファクス番号:0220-34-2090

メールアドレス:sangyoshinko@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ