ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 令和元年東日本台風(台風第19号)関連 > 台風被害に関する支援情報 > 稲わらの処理および営農対策追加支援等について

更新日:2019年12月3日

ここから本文です。

稲わらの処理および営農対策追加支援等について

令和元年台風19号により、畑やハウス内を含むほ場に堆積した稲わらの処理について、次のとおり集積所を設置し、搬入を受け付けますのでお知らせいたします。また、営農対策追加支援等についてもお知らせいたします。

稲わら搬入の申し込み

下記にあります「稲わら搬入チラシ・申込書」の3ページ目にある稲わら搬入申込書に必要事項をご記入の上、各集積所の受付までご提出ください。

受け入れ期間及び集積場所(期間中の土曜日および日曜日も受け付けます)

受付期間 令和元年12月2日(月曜日)~15日(日曜日)まで2週間

受付時間 【午前】9時~11時45分 【午後】1時~3時30分

集積所(広域)

  • 二又川左岸堤防敷地(東和町米谷字根廻一号地内)
  • 旧水路地内(中田町石森字小倉地内)
  • 迫川防災ステーション敷地(米山町西野字西野前地内)
  • 南方花菖蒲の郷公園駐車場(南方町翌沢地内)

     

    集積所(津山町域)

  • 休耕田(津山町横山字竹の沢地内)
  • 市道残地(津山町柳津字黄牛新沼田地内)

    稲わらを搬入する際のお願い

  • 収集した稲わらは、堆肥化を予定しております。稲わら以外のゴミが混入している場合はできるだけ取り除いてください。ゴミの混入が多い場合は、受付できない場合があります。
  • 稲わらを運搬する際は、飛散を防止するためにシート等で覆うなどの対策をお願いいたします。
  • 集積所では混雑も予想されますので、事故防止にためにも係員の指示に必ず従っていただきますようお願いいたします。 
  • 搬入は申込者等が直接行うか、または一般廃棄物の収集・運搬業の許可を得ている業者に依頼してください。(委託費用は、申込者負担となります。)
  • 搬入の対象は、登米市内の農地に堆積した稲わらとなります。

     

    営農対策追加支援等について

    令和元年台風第19号により、河川堤防の決壊から大規模な浸水被害を受けた地域に対し、農業の継続に向けた国による追加支援が予定されています。要綱等は、まだ示されておりませんが、営農再開に向けて役立てていただきたくお知らせします。
    また、災害復旧事業や資金制度もありますので、詳しくは、下記のパンフレットをご確認の上、各担当課までお問い合わせください。

  • 台風第19号被害による営農対策追加支援等について(PDF:246KB)(別ウィンドウで開きます)

     

  • お問い合わせ

    登米市産業経済部農政課

    〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

    電話番号:0220-34-2713

    ファクス番号:0220-34-2802

    メールアドレス:nosei@city.tome.miyagi.jp

    Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    サイト内検索

    便利情報

    ページの先頭へ