ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 東日本大震災関連 > 産直なかだ愛菜館での食品放射能測定の終了について

更新日:2021年3月22日

ここから本文です。

産直なかだ愛菜館での食品放射能測定の終了について

市では、平成23年の東日本大震災による福島第一原発事故を受け、風評被害防止と農業者が安心して農産物を生産できるよう、同年から食品放射能測定システム(簡易測定器)を産直なかだ愛菜館に設置し、希望者が持ち込む農産物の測定を行ってきました。

農畜産物の放射能測定については、現在も県において定期的に行っており、震災から10年が経過し、農畜産物の放射能濃度も低く推移していることから、令和3年3月末をもって産直なかだ愛菜館での放射能測定を終了します。

自宅の菜園や山で採取したものなどに含まれる放射性物質が気になる方は、下記問い合わせ先までお問い合わせください。

 

食品放射能測定終了のお知らせチラシ(PDF:152KB)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

登米市産業経済部農政課 農産園芸係

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2713

ファクス番号:0220-34-2802

メールアドレス:nosei@city.tome.miyagi.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ