ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 東日本大震災関連 > 登米市内の放射線測定値 > 学校給食食材の放射能測定結果

更新日:2019年11月1日

ここから本文です。

学校給食食材の放射能測定結果

【測定方法】Nal(T1)シンチレーションカウンターを用いたガンマ線ペクトロメーターによる測定

【測定機器】簡易測定器(米国CAPINTEC社製LCAPTUS-3000A)

【測定場所】登米市南部学校給食センター

(単位:ベクレル/kg)

 

給食センター名 測定日 品目 産地 放射性セシウム(Cs-134・137)
東部東和学校給食センター 令和元年10月8日 長ねぎ 登米市産 不検出
東部津山学校給食センター 令和元年10月8日 りんご 登米市産 不検出
西部学校給食センター 令和元年10月16日 にら 登米市産 不検出

※「不検出」とは、放射性物質が存在しない、または検出下限値(10ベクレル/kg)未満であることを示しています。

 

食品衛生法の暫定規制値(単位:ベクレル/kg)

放射性セシウム

飲料水

10

牛乳・乳製品

50

野菜類(根菜、芋類除く)

100

魚介類

お問い合わせ

登米市教育委員会教育総務課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2670

ファクス番号:0220-34-2504

メールアドレス:kyoikusomu@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ