ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > ひとり親家庭支援 > 自立支援教育訓練給付金について

更新日:2018年4月2日

ここから本文です。

自立支援教育訓練給付金について

概要

母子家庭の母または父子家庭の父が就職のために一定の教育訓練を受講した場合に、その費用の一部を支給することにより、一人親家庭の自立の促進を図ることを目的としています。

個人番号(マイナンバー)に関する重要なお知らせ

平成28年1月1日から自立支援教育訓練給付金の手続きに個人番号が必要になります。手続きの際は次のものを持参してください。

  1. 本人の個人番号を確認できるもの(個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写しなど)
  2. 本人の身元を確認できるもの(個人番号カード、運転免許証などの顔写真付身分証明書か保険証などの証明書を2種以上)

対象者

登米市内にお住まいの母子家庭の母または父子家庭の父で、次の要件を満たす方です。

  1. 児童扶養手当の支給を受けているか、または同等の所得水準にあること。
  2. 当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められること。
  3. 原則として、過去に自立支援教育訓練給付金等の教育訓練給付を受けていないこと。

対象講座

  1. 雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座
    ※受講する講座の教育訓練機関にお問い合わせするか、最寄りのハローワークでも閲覧できます。
  2. 他に市長が必要と認める講座

支給額

対象講座の受講のために本人が支払った費用の60%に相当する額です。ただし、20万円を上限とし、1万2千円を超えない場合は支給されません。

また、雇用保険法による一般教育訓練給付金の支給を受けた方は、当該教育訓練給付金との差額を支給します。

申請方法

申請を希望する場合は、受講を開始する前に子育て支援課またはお近くの総合支所市民課で事前相談を受けた上で、対象講座の指定申請を行う必要がありますので、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

登米市福祉事務所子育て支援課

〒987-0446 登米市南方町新高石浦130番地

電話番号:0220-58-5562

ファクス番号:0220-58-2375

メールアドレス:kosodateshien@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ