ホーム > イベントカレンダー > 北上川改修歴史探訪「伊達宗直と北上川展」

更新日:2019年7月17日

ここから本文です。

北上川改修歴史探訪「伊達宗直と北上川展」

現懐古館で開催する最後の企画展。
登米伊達初代宗直は、415年前の慶長9(1604)年12月に、伊達政宗の命により胆沢郡水沢から登米に移封された。
新封地の現状は、葛西・大崎一揆などの戦乱で田畑は荒れ果て、河川氾濫で見渡す限り荒野が広がっていた。
宗直は北上川の改修に着手し、堤防を築き開田を進めた。その後の登米地方の発展の大きな基礎を築いた。
宗直の偉業を讃え、その忠実を明らかにしたい。
※とよま振興公社のホームページから引用

伊達宗直と北上川展のチラシ

日時

  • 2019年7月13日(土曜日)から2019年8月18日(日曜日)

【開館時間】9時00分から16時30分まで

場所

名称 登米懐古館
住所 登米町寺池桜小路103番地の9
ホームページ 公共施設ガイドマップ

費用

【入館料】大人:200円、高校生:150円、小・中学生:100円

問い合わせ

登米懐古館
電話番号:0220-52-3578

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ