ホーム > 市政情報 > 移住・定住 > 空き家情報バンク > 登米市空き家家財処分事業補助金

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

登米市空き家家財処分事業補助金

登米市内にある空き家を有効に活用し、移住及び定住の促進による本市の活性化を図ることを目的として、登米市空き家情報バンクに登録された空き家の家財の処分に要する費用の一部を補助しています。

補助の対象者

登米市空き家情報バンクに登録された空き家の所有者

※本人もしくは同一世帯員が市税等の滞納者または暴力団員である場合は、補助の対象者としません。

補助の条件等

  • 登米市空き家情報バンクに登録された空き家であること
  • 補助金の交付後2年以上、空き家バンクに空き家を登録すること
  • 補助金の申請年度内に家財の処分の完了が見込まれること
  • 家財の処分に要する経費が5万円以上であること
  • 家財の処分を本市の一般廃棄物収集運搬業許可業者に委託すること

補助金の額

補助率

対象経費の2分の1(1,000円未満の端数は切り捨て)

限度額

10万円

その他

国、県等による他の補助金を受けている場合でも申請は可能ですが、その場合は、家財の処分に要した費用から、他に交付を受けた補助金に係る経費を差し引いた額を補助対象経費とします。

補助対象の経費

空き家及びその附属する建物内の家財の処分費用(特定家庭用機器、産業廃棄物の処分に要する費用は除く)

≪対象となる家財の例≫

  • 家具
  • 家電製品(特定家庭用機器を除く)
  • 衣類
  • 食器類
  • 仏壇

など

≪対象とならない家財の例≫

  • 特定家庭用機器(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)
  • 産業廃棄物(廃タイヤなど)

提出書類

申請時

完了時

額の確定後

注意点

  • 家財を処分した空き家に、2年以内に3親等内の親族が居住する場合は、補助対象としません。
  • 補助金の交付は、空き家1軒につき1回限りです。
  • 申請内容等を審査するに当たり、現地確認をさせていただく場合があります。
  • 家財の処分内容を変更する場合または処分を中止しようとする場合は、補助事業等変更申請書または補助事業等中止(廃止)申請書を提出し、承認を受ける必要があります。
  • 家財の処分に係るトラブルに関して、市では一切関与しません。

事業概要チラシ・各種様式など

事業概要チラシ

登米市空き家家財処分事業補助金チラシ(PDF:404KB)

各種様式

各種様式記載例

交付要綱

登米市空き家家財処分事業補助金交付要綱(PDF:128KB)

書類提出・お問い合わせ先

企画部企画政策課移住・定住促進係
住所:〒987-0511登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1
電話:0220-23-7331
ファクシミリ:0220-22-9164
メールアドレス:tome-life@city.tome.miyagi.jp

お問い合わせ

登米市企画部企画政策課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-23-7331

ファクス番号:0220-22-9164

メールアドレス:tome-life@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ