ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 流行疾患 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症対策窓口アクリル仕切り板用木枠寄贈について(令和2年4月15日)

更新日:2020年4月21日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策窓口アクリル仕切り板用木枠寄贈について(令和2年4月15日)

津山木工芸品事業協同組合が感染症拡大防止に向けて仕切り板用の木枠を寄贈

「新型コロナウイルス感染症対策窓口アクリル仕切り板用木枠の贈呈式」は4月15日、市役所南方庁舎で開かれ、津山木工芸品事業協同組合(西條孝一副理事長)から市へ仕切り板用木枠が寄贈されました。
市では、新型コロナウイルス感染症対策として市役所本庁舎や各総合支所の窓口などに、寄贈された9台を含めた79台の木枠を使用したアクリル仕切り板を設置する予定。仕切り板の枠は、地元産の杉材を使用しています。

 

 

寄贈020415-1

寄贈020415-3

お問い合わせ

登米市総務部総務課

〒987-0511 登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1

電話番号:0220-22-2091

ファクス番号:0220-22-3328

メールアドレス:somu-bousai@city.tome.miyagi.jp

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ