ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 東日本大震災関連 > 登米市内の放射線測定値 > 下水道処理場における放射性物質

更新日:2019年1月18日

ここから本文です。

下水道処理場における放射性物質

 測定結果(平成31年1月18日更新)

市内の下水汚泥の放射能測定結果

平成30年11月20日から11月28日に採取した、登米市内で現在稼働中の4か所の公共下水道浄化センター並びに、24か所の農業集落排水施設終末処理場で発生する下水汚泥について、放射性物質の測定を行った結果、すべての施設で基準を下回る数値でした。

  • 【下水汚泥の採取日】平成30年11月20日~11月28日
  • 【下水汚泥の測定日】平成30年12月10日~12月11日
  • 【測定分析機関】エヌエス環境株式会社
  • 【測定分析機関からの測定結果報告日】平成30年12月12日
  • 【34回目】下水汚泥の測定結果(PDF:99KB)

【汚泥肥料の原料汚泥について農林水産省が定めた基準(平成23年6月24日)】

汚泥肥料の原料汚泥について農林水産省が定めた基準
核種 基準値:(Bq/kg)
(肥料として制限なく流通できる濃度)
放射性セシウム(Cs-134,Cs-137の合計) 200以下

 

 

お問い合わせ

登米市建設部下水道課

〒987-0602 登米市中田町上沼字西桜場18番地

電話番号:0220-34-2359

ファクス番号:0220-34-3448

メールアドレス:gesuido@city.tome.miyagi.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

サイト内検索

便利情報

ページの先頭へ